停車駅が混雑のため 運行が乱れているようです

ドラゴンクエストXについてあれこれ書くブログ。

    2015年11月

    外出先で超便利ツールを確認する際に役立ちそうなスマホアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」

    ブログネタ
    くらし便利・知恵・雑学 に参加中!
    DQXではゲームソフト自体で提供されるプレイ環境の他にも、インターネット上でプレイヤー向けのサービスを提供しています。

    運営からのお知らせが掲載される目覚めし冒険者の広場には、各種プレイ状況の表示や冒険日誌を書くことが出来る簡易的なSNSの要素が備わっています。
    またスマートフォンやニンテンドー3DS用のアプリとしてDQXのプレイに役立つ機能満載の冒険者のおでかけ超便利ツールが配信されています。
    外出中などゲームにログインできないタイミングでもネット環境があれば、冒険者の広場や超便利ツールを利用してゲーム内のデータを確認することが出来ます。

    目覚めし冒険者の広場-ドラゴンクエストⅩプレイヤー専用サイト
    http://hiroba.dqx.jp/

    冒険者のおでかけ超便利ツール
    スマートフォン版
    http://hiroba.dqx.jp/sc/public/playguide/guide_sp_top/
    ニンテンドー3DS版
    http://hiroba.dqx.jp/sc/public/playguide/guide3dssuper_top/

    外出先でのネット環境として携帯電話の電波を利用したインターネット接続は広く用いられていますが、1か月で2GB以内などデータ通信量が基準値を上回ると通信速度が極端に遅くなる契約プランが主流となっており、特に月末が近付くにつれて速度制限を回避するために通信量を出来る限り節約したくなるものです。

    携帯電話の電波を利用しないでネットに接続する方法として普及しているのが公衆Wi-Fiです。データ通信を公衆Wi-Fiで行うように設定すればその分だけ携帯電話の電波でのデータ通信量を減らすことが出来ます。
    公衆Wi-Fiには有料のサービスだけでなく無料で利用可能なアクセスポイントも存在していて、大都市圏の繁華街ではコンビニや喫茶店、交通機関など無料公衆Wi-Fiを利用できる施設が年々増えています。

    無料公衆Wi-Fiのサービス内容は登録の方法や接続の時間制限など提供している事業者によってまちまちであり、利用したい事業者毎にそれぞれ登録が必要となります。
    例えば大手コンビニエンスストアのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートはそれぞれ店内で使用できる無料公衆Wi-Fiを提供していますが、セブン-イレブンでもローソンでもファミリーマートでも無料公衆Wi-Fiを利用したい場合は3社それぞれに登録が必要となります。

    セブン-イレブン
    http://webapp.7spot.jp/
    ローソン
    http://www.lawson.co.jp/service/others/wifi/
    ファミリーマート
    http://www.family.co.jp/services/famimawi-fi/

    いくら街中に無料公衆Wi-Fiのアクセスポイントが増えているとはいえ、利用する施設ごとに情報を登録するのは激しく面倒です。その面倒を解消できるかもしれない一つの方法があります。

    「Japan Connected-free Wi-Fi」は、訪日外国人が日本国内で提供されている無料公衆Wi-Fiを手軽に利用出来るように手助けをする目的で、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社が2013年11月8日より提供しているスマートフォン向けアプリです。
    英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、タイ語、マレー語、インドネシア語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、日本語に対応しており、訪日外国人をターゲットにしていますが日本在住の人でも使用は可能です。
    アプリをダウンロードしてメールアドレスを登録するだけで、商業施設(先程の例のコンビニ3社も含まれる)、空港、駅などJapan Connected-free Wi-Fiに参加している数多くの事業者の無料公衆Wi-Fiへの接続を行えるようになります。

    サービス毎に必要だった利用登録を一元化して、サービス毎に別々になっていた利用エリアの検索も一元化して、サービス毎に異なっていた接続の設定や手順もアプリで処理することで一元化しています。

    Japan Connected-free Wi-Fi
    http://www.ntt-bp.net/jcfw/ja.html
    利用可能エリア(参加している事業者一覧)
    http://www.ntt-bp.net/jcfw/area/ja.html

    使い方はアプリで検索をすると地図上に近くの利用エリアが表示されるので、地図を見ながら利用エリアへ向かい接続ボタンをワンタップするだけで、Wi-Fiへの接続処理を行ってくれます。
    無事に接続が完了すれば、あとは無料公衆Wi-Fiを利用してインターネットを楽しむだけです。

    使い方
    http://www.ntt-bp.net/jcfw/use/ja.html

    仕組みとして大変便利なアプリなのですが、アプリ自体の容量が若干大きかったり、膨大な利用エリアの情報を更新するためアプリ起動時にコンテンツ更新が発生する場面が割とあります。コンテンツ更新にかかるデータ通信量は結構大きいのでWi-Fiで接続して行いたいのに、コンテンツ更新が完了するまでアプリの機能を使えないというジレンマです。
    コンテンツ更新の頻度が高い割には事業者側でサービス内容に変更がされても対応が遅れる場合もあります。
    例えばJapan Connected-free Wi-Fiのサイトによると、ビックカメラの無料公衆Wi-FiのSSIDはBic_Free_WiFiとされていますが、実際の店内ではBic_Wi2_WiFiというSSIDが使われているため、ビックカメラではこのアプリによる接続が出来ません(2015年11月現在)。

    ビックカメラの店内で使える!無料のインターネットサービス「Free Wi-Fi」 | ビックカメラ
    http://www.biccamera.co.jp/service/store/freewifi/

    今後も対応するエリアが増えていくでしょうし、アプリの使い勝手を良くする改良も合わせて施されることに期待をしています。

    公衆Wi-Fi

    ちなみに、公衆Wi-Fiを利用する行為は危険であると指摘している専門家も存在します。
    利便性の向上と安全性の確保のバランスを取るのは容易ではないようです。

    公衆Wi-Fiを利用する時に知っておくべき3つのこと | 特集 | トレンドマイクロ is702
    http://www.is702.jp/special/1752/partner/12_t/
    セキュリティのトビラ (14) 公衆無線LANのリスクとその低減策を知る | マイナビニュース
    http://news.mynavi.jp/column/secdoor/014/

    初心者大使情報をまとめる為に一方向で使う相互RSS

    ブログネタ
    ☆★☆ブログパーツ☆★☆ に参加中!
    ウェブサイトの見出しや更新時刻、要約などの情報をコンピューターの様々なプログラムで処理しやすい書式で記述して公開するRSSという仕組みがあります。
    サイトが更新されているか確かめるためにネット上のサーバーまで普通にサイトを見に行くよりも、サーバーへRSSのファイルだけを取りに行く方が読み込むデータの量を圧倒的に少なく出来ます。
    よく訪れるサイトのRSSを登録しておいて更新情報を調べることが出来る「RSSリーダー」は様々な形で活用されています。

    About WAI RSS Feeds(英語)
    http://www.w3.org/WAI/highlights/about-rss.html
    「RSS Reader」で検索
    https://www.google.co.jp/search?q=RSS+Reader
    http://www.bing.com/search?q=RSS+Reader
    https://duckduckgo.com/?q=RSS+Reader

    ポータルサイトのlivedoorが提供している「livedoor 相互RSS」は、RSSを利用して特定のサイトやブログの更新情報を自分のサイトやブログに表示させる、公開型のRSSリーダーサービスです。
    サービス名が「相互RSS」であるように、サービスの利用者同士で互いに自分のサイトのRSSを登録し合うことで、サイトの閲覧者が回遊することを謳っています。
    もちろん絶対に相互で使わなければいけないというわけでもないので、自分が登録したサイトの更新情報を表示するだけの一方向な使い方でも便利です。

    livedoor 相互RSS
    http://blogroll.livedoor.com/

    初心者大使のブログの更新状況

    相互RSSにドラゴンクエストX初心者大使のそれぞれの公式ブログのRSSを登録して、このブログのサイドバーに配置しています。更新されると上の方に移動するので見るタイミング毎に動きがあって面白いですね。

    飛竜にも対応、目的地までのルートを探して教えてくれる「アストルティア乗換案内」

    鉄道などの公共交通機関で移動する場合に、出発地と目的地を入力するだけでルートを探して教えてくれる乗換案内のサービスを利用して行き方を探す人は多いと思います。
    PCや携帯電話が普及したことにより日常生活で紙の時刻表とにらめっこする機会はかなり減りました。便利になったものです。

    えきから時刻表
    http://www.ekikara.jp/
    駅探
    http://ekitan.com/
    ジョルダン
    http://www.jorudan.co.jp/
    NAVITIME
    http://www.navitime.co.jp/
    駅すぱあとの『Roote』
    http://roote.ekispert.net/

    ポータルサイトでも乗換案内のサービスは提供されています。

    Yahoo!路線情報(Rooteのヴァル研究所と提携)
    http://transit.yahoo.co.jp/
    goo路線(NAVITIMEと提携)
    http://transit.goo.ne.jp/
    エキサイト乗り換え案内(Rooteと提携)
    http://www.excite.co.jp/transfer/
    Infoseek 乗換案内(NAVITIMEと提携)
    http://transfer.infoseek.co.jp/
    乗換案内/運行情報 | dメニュー(駅探と提携)
    http://transfer.smt.docomo.ne.jp/
    au乗換(NAVITIMEと提携)
    https://eznavi.auone.jp/transfer/
    Google(ジョルダンと提携)
    https://www.google.co.jp/

    DQXのアストルティアでもクエスト攻略や日替わり討伐、放浪しているNPCとの遭遇など、エリア移動が必要になる機会は頻繁に訪れます。
    普段からルーラストーンに登録してある馴染みの場所であれば簡単なのですが、シスターがいないエリアやそもそもどこにあるのか覚えていないエリアが目的地の場合、どうやったらいち早くたどり着けるのか迷うことも良くあります。
    そんな悩みを解決するために作られたのが「アストルティア乗換案内」です。

    アストルティア乗換案内
    http://astoltiaroutefinder.azurewebsites.net/
    segavvyの日記
    http://d.hatena.ne.jp/segavvy/20150117/1421478106
    http://d.hatena.ne.jp/segavvy/

    最もシンプルな使い方は出発地と目的地を入力して検索ボタンを押すだけです。何文字か入力すると候補が表示されるので(「じゅれ」なら「ジュレイダ連塔遺跡」、「ジュレー島上層」、「ジュレー島下層大空洞」、「ジュレー島下層遺跡」、……)、若干うろ覚えの地名であっても上手く補完してくれます。
    検索すると、出発地から目的地まで徒歩、大地の箱舟(鉄道)、旅の扉、馬車を利用して最短で辿りつけるルートを表示してくれます。
    検索オプションとして、使用可能なルーラストーン、ブレイブストーンの有無、飛竜の有無、バシっ娘利用の有無を指定することで、これらを組み込んだルートを表示してくれます。
    飛竜を使用するルートの場合は、飛行経路として着地地点まで矢印が記入されたマップが表示されます。
    また使用できない駅や馬車がある場合に、それらを除外して代替ルートを表示する機能もあります。

    使われているデータがアストルティアのものになっているだけで使い方や内部の仕組みはいわゆる通常の乗換案内サービスと同じなので、便利で分かりやすいサービスだと思います。

    駅の画像
    このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
    記事検索
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    冒険者の広場おしらせ
    相互RSS
    DQ10大辞典新着
    ブログランキング

    にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエ10へ
    ブログランキングならblogram
    アンケート
    ランキングパーツ