停車駅が混雑のため 運行が乱れているようです

ドラゴンクエストXについてあれこれ書くブログ。

    雑記

    【2019】阿佐ヶ谷の大きなプクリポを見てきました

    第66回阿佐谷七夕まつりが開催されている、東京都杉並区の阿佐ヶ谷駅前へやってきました。

    第66回阿佐谷七夕まつり001

    阿佐谷七夕まつりは商店主たちが阿佐谷の街を盛り上げようと昭和29年に始まった歴史のあるお祭りです。
    JR阿佐ヶ谷駅前から東京メトロ南阿佐ヶ谷駅前までおよそ700m続く長い商店街のアーケードは、沢山の吹き流しとくす玉、そしてはりぼてで埋め尽くされています。

    第66回阿佐谷七夕まつり002

    第66回阿佐谷七夕まつり003


    阿佐谷パールセンター商店街
    http://www.asagaya.or.jp/

    今回阿佐谷へやってきた最大の目的は、昨年に引き続き商店街で吊るされている大きなプクリポのはりぼてを見ることです。
    阿佐谷七夕まつりでは毎年高さ1メートル程度のプチ七夕はりぼてを一般から募集していて、プクリポのはりぼてもこの枠で参加しています。
    参加申込書を書き、はりぼて用のキットを1000円で購入して作品を制作。完成した作品を商店街へ納品すると、参加賞として杉並区内で使えるすぎなみギフトカード3000円分が贈呈されます。

    昨年のプクリポのはりぼての様子はこちらです。











    阿佐ヶ谷駅南口側から大勢の見物客でにぎわう阿佐谷パールセンターのアーケードを歩くことおよそ100m。メガネスーパーさんの前で、実際に納品されて吊るされたプクリポのはりぼてといよいよご対面です。

    第66回阿佐谷七夕まつり012

    七夕まつりということで七夕仕様のプクリポ女子です。

    第66回阿佐谷七夕まつり010

    第66回阿佐谷七夕まつり009

    結構大きいです。

    第66回阿佐谷七夕まつり011

    第66回阿佐谷七夕まつり015


    吊るされているだけなので風が吹くと結構動きます。なかなかシャッターチャンスが来ません。

    第66回阿佐谷七夕まつり014

    第66回阿佐谷七夕まつり013

    下から見ても安心のCERO-A仕様。

    他にも長いアーケードには沢山のはりぼてが吊るされていて、見物客の目を楽しませていました。

    第66回阿佐谷七夕まつり004

    第66回阿佐谷七夕まつり005

    第66回阿佐谷七夕まつり006

    第66回阿佐谷七夕まつり007

    第66回阿佐谷七夕まつり008

    第66回阿佐谷七夕まつり016


    第66回阿佐谷七夕まつりは、2019年8月3日(土)~8月7日(水)まで阿佐谷パールセンター商店街で開催中です。






    青山Pの本「ドラゴンクエストXを支える技術」を買ってきました。

    ブログネタ
    ドラゴンクエスト10 に参加中!
    ドラクエシリーズ初のオンラインゲームとなった「ドラゴンクエストX」はいったいどのように作られているのか、その裏側を知り尽くしている青山公士プロデューサーが執筆した書籍「ドラゴンクエストXを支える技術 ─ 大規模オンラインRPGの舞台裏」が2018年11月14日に技術評論社から発売されます。


    Amazon アソシエイト




    ドラゴンクエストXを支える技術
    表紙。堀井さんのコメントが入ってます。

    青山Pは以前、同じく技術評論社から出版されている雑誌「WEB+DB PRESS」に「ドラゴンクエストX開発ノウハウ大公開 ─ 国民的RPGオンライン化へのチャレンジ」というタイトルで寄稿をしており、今回の書籍はその内容をもとに大幅に加筆と修正を加えて一冊にまとめたものです。

    12月23日発売の「WEB+DB PRESS Vol.90」で青山TDがDQX開発の舞台裏を語る
    http://disruption.blog.jp/archives/50012215.html

    発売日前日の2018年11月13日には、青山Pと縣大輔氏が本書について語るトークセッションがジュンク堂書店池袋本店にて開催されます。りっきーの愛称でお馴染みのDQX前ディレクター齋藤力氏が司会を務めるそうです。



    honto店舗情報 - 満員御礼【19:30開演】『ドラゴンクエストXを支える技術 ── 大規模オンラインRPGの舞台裏』(技術評論社)発売記念 数十万人が集うオンラインゲームはどのように開発・運営されているのか
    https://honto.jp/store/news/detail_041000029134.html
    『ドラゴンクエストXを支える技術』発売記念トークセッション - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=LDtwsm5U9JY



    技術評論社の書籍は一部書店にて先行販売を行うことがあり、本書も店頭にて発売日に先駆けて購入することが出来ました。





    中身はコンピューターの専門用語が多く登場し技術的な内容が多いのですけど、用語にはそれぞれ丁寧に説明が付けられていてイラストや図表も使われておりました。時折DQXの開発や運営の裏話がコラムとして挟まれており、読み物としても300ページ超のボリュームも楽しく読み進められそうです。

    ドラゴンクエストXを支える技術裏表紙
    ドラゴンクエストXを支える技術目次

    超DQXTVの青山Pのコーナー「教えて!青山さぁぁぁぁぁん!」が好きな人にはよりオススメ出来る1冊だと感じました。

    技術評論社 WEB+DB PRESS plusシリーズ
    ドラゴンクエストXを支える技術 ─ 大規模オンラインRPGの舞台裏
    青山公士 著
    2018年11月14日発売
    A5判/336ージ
    定価(本体2,680円+税)
    ISBN 978-4-297-10174-9

    Amazon アソシエイト



    超便利ツールの使い方に差が出る?スマホの画面比率の話

    ブログネタ
    ドラゴンクエスト10 に参加中!
    「ドラゴンクエストX 冒険者のお出かけ超便利ツール」といえば、MMORPGであるDQXの世界と連動して様々な便利機能を使うことが出来る人気のアプリです。
    スマートフォン向けとニンテンドー3DS向けに無料で配信されていて、アストルティアの冒険者なら必携と言っても過言ではない存在なのです。

    冒険者のおでかけ超便利ツール
    おでかけ便利ツール|目覚めし冒険者の広場
    https://hiroba.dqx.jp/sc/public/benritool

    ニンテンドー3DS版については動作環境がニンテンドー3DSシリーズであり、3DSでも3DS LLでも2DSでも所持している本体でダウンロードすることが出来ます。

    スマートフォン向けの動作環境はiOS版が1OS 9.0以降の機種、Android版がAndroid 4.0以上の機種と、動作確認済端末のリストには6~7年前の機種まで含まれる緩さとなっております。
    (2018年10月現在)

    ただ、最新のOSのバージョンはiOS 12やAndroid 9まで世代が進んでおり、動作の最低ラインとしてiPhone 6以上やAndroid 5.0以上を挙げるアプリも着々と増えてきました。
    超便利ツールも更なるバージョンアップが進めば、Android 4.4未満の切り捨てあたりはそう遠くない未来に訪れると予想をしております。

    冒険者のおでかけ超便利ツール 動作確認済端末
    https://hiroba.dqx.jp/sc/public/playguide/guide_sp_device/

    さて、スマホやタブレットといえば大手キャリアは季節ごとにAndroidの新モデルの発表会を行っていますし、iPhoneも毎年新モデルが注目されるように、次々と新しくて性能の良い機種が登場し続けています。
    しかし、超便利ツールを使うことだけで考えてみると、もっさりでも動作するなら性能はとりあえずはそれでいいと割り切ることも出来ます。

    とはいえ、電池などが劣化してきたり、他のアプリの動作環境が厳しくなっていたり、特にAndroidでは古いOSのセキュリティホールの問題もあったりと、可能な限りは新しい端末を使う方が望ましいのです。

    超便利ツールにおいて、最近の端末に変えてみて一番わかりやすい部分は見た目です。
    スマホの画面サイズの比率として、2017年11月に発売されたiPhone X(2,436×1,125)の登場以降、Androidでも高性能モデルを中心にそれまで主流だった16:9よりもさらに縦長の、18:9や19:9といった比率の機種が増えてきました。
    縦画面で操作する超便利ツールでは、画面がより縦長になることで一度に表示できる情報量を増やせる効果があります。

    実際に画面サイズの異なる機種での表示を比較してみます。

    画面比率の違いその1
    800×480(5:3)

    画面比率の違いその2
    1,280×720、1,920×1,080など(16:9、ナビゲーションバーが画面内に表示される機種)

    画面比率の違いその3
    1,280×720、1,920×1,080など(16:9)

    画面比率の違いその4
    1,520×720(19:9、ナビゲーションバーが画面内に表示される機種)

    4つの画像を並べてみるとこんな感じになります。

    画面比率まとめ

    画面の比率がより縦長なほど、一度に表示できるメニューの項目が多いことが分かります。

    最近流行りの縦長スマホは、超便利ツール以外にもニュースアプリやSNSなど情報量が多くて縦長になりやすいコンテンツと相性が良いのです。
    新しいスマホを選ぶなら画面サイズだけでなく画面比率についてもチェックしてみるのが良さそうですね。
    このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
    記事検索
    Amazonライブリンク
    冒険者の広場おしらせ
    相互RSS
    DQ10大辞典新着
    ブログランキング

    にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエ10へ
    ブログランキングならblogram
    アンケート
    ランキングパーツ